猫カビの皮膚病の発生原因に症状!人間にうつるの?

 

こんにちは、管理人のモルディです。

以前人に感染する系統のカビ菌について
記事にしたかと思うのですが

カビ菌って人間のみならず
ペットの猫などにも感染するケースがあります。

 

猫を飼っている人の間では
「猫カビ」と呼ばれるもので

猫の皮膚真菌症という事になりますね。

 

自分の飼っている猫がやたらと首を掻いていたり
家具どに体をこすりつけているような
状態になったら

ちょっとカビ菌に感染している
可能性を疑った方がいいかもしれません。


「Sponsored link」

今回はこの猫カビの発生原因や主な症状

人間にもうつってしまうのか?
そのあたり中心に見ていこうと思います。

 

猫カビの皮膚病の発生原因に症状!人間にうつるの?

猫の皮膚病、発生原因や症状について

まずいくつか猫の皮膚病について
見ていきましょか

 

猫疥癬

猫の疥癬(かいせん)とは皮膚に

「ネコショウセンコウヒゼンダニ」

といったダニが寄生してその部分が
炎症を引き起こした状態の事をさします。

 

猫がこの病気になる事はマレだそうですが
もしもなった場合激しいかゆみを引き起こす
かなりやっかいな病気でもあります。

 

主な症状としては

 

・フケ

・激しいかゆみ

・発疹

・かさぶた

 

などになります。

 

症状がひどくなると背中
腹部にまで広がり毛も抜け落ちていくとか。。

 

ただ、猫疥癬の発症原因となるカビは
あくまでも猫にだけ寄生し
人に寄生するものではないそうなので

この病気は人間にはうつらないといいます。

 

猫の耳疥癬

猫の耳疥癬とは耳の中でダニが
繁殖してしまう事で引き起こされる病気で
「耳ダニ症」とも呼称します。

 

「ミミヒゼンダニ」と呼ばれるダニに
寄生されるとこの病気になるそうで

上記の疥癬病の原因になる

「ネコショウセンコウヒゼンダニ」

と若干異なり、あくまでも耳の中に
寄生するという特徴があるといいます。

 

放っておくと耳の中が耳垢と
ダニの排泄物などで埋まっていき

 

・耳からの悪臭

・耳垢がたまっていく

・耳のかゆみ

・外耳炎

・耳血腫

 

などの症状が出てくるといいます。

 

基本人に寄生することはなく
うつったとしても一時的なもので

特に治療などの必要もなく
自然と痒みが治まっていくケースが
多いといいます。


「Sponsored link」

猫の皮膚糸状菌症

「皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)」

タイトルの猫カビにある通り
カビ菌の一種でもある「皮膚糸状菌」に
感染する事で引き起こされる病気であり

 

・皮膚真菌症

・白癬

 

ともいいます。

20160306-01

そしてこの病気は「人畜共通感染症」として
人間にもうつることで知られています。

 

主に感染した猫を
抱きかかえたり触ったりするなどして
カビ菌に対しての免疫力などが落ちていると
感染するといいます。


「猫の症状としては」

皮膚糸状菌症に感染した場合の猫の症状としては

 

・顔、耳、四肢の一部分に
 円形の脱毛症などが確認できる

・フケ、かさぶたなどが見られる

・悪化すると赤いぶつぶつが目立つようになる


「人間の症状としては」

人が皮膚糸状菌、皮膚真菌症になった場合
体の各部位で以下のような症状が
出るケースがあります。

 

「体部白癬」

頭部、手足、股以外に出てくる白癬菌感染症で
「たむし」とも呼称します。

 

「頭部白癬」

頭部に生じる白癬菌感染症で
「しらくも」ともいいますね。

主な症状としてはフケや
脱毛、抜け毛などを引き起こします。

 

「股部白癬」

股の部分の白癬菌感染症で「いんきん」とも
呼称します。

 

「足白癬、爪白癬」

足や手の爪、足の爪などに
感染する白癬菌感染症で俗にいう
水虫などの症状を引き起こします。

 

今回のまとめ

はい、今回は猫カビの皮膚病の
発生原因や症状、人間にうつるのかどうか。
そのあたりを中心に見ていきました。

 

ダニが原因の場合の皮膚病は
基本人間に寄生しないので
気にしなくても問題ないかと思いますが

カビ菌が原因の
皮膚真菌症、皮膚糸状菌症の場合

 

触った人の体調が芳しくなかったり
免疫力などが低下していると

皮膚の部分がカビ菌に感染してしまう場合も
あるので気をつけておきたいところです。

 

猫カビの治療や予防部分については
また別の記事でやっていきたいと思います。

では、猫カビの皮膚病の発生原因に
主な症状については以上になります。

また次回にお会いしましょー。


「Sponsored link」
引き続き猫カビの治療法についての記事も
どうぞご覧くださいませ~。

⇒⇒⇒猫カビの皮膚病に真菌症の治療法や予防方法について

 


コメントを残す

サブコンテンツ