脂漏性皮膚炎は肌カビが原因?治療法に予防方法など

 

こんにちは、モルディです。

 

思春期、20代の時期を過ぎて
30、40代のあたりを迎えると

頭皮のあたりのフケが多くなったり
こびりついたりする事が多くなる人もいます。

 

特に高温、多湿で紫外線が強い梅雨から
夏の時期にかけてはこうした頭皮トラブルにも
気をつけていきたい時期です。

 

そして顔や頭皮の部分はそうした
肌トラブルが起きやすい部位でもあり

脂漏性皮膚炎という湿疹の1つに
悩まされる人も多いといいます。

実はこの脂漏性皮膚炎
肌のカビが関係しているとかΣ

 

治療や対策をしないで放っておくと
慢性化や再発を繰り返す事も多いので
対策などしっかりしておきたいところです。


「Sponsored link」

今回は肌カビが原因にもなる
脂漏性皮膚炎について見ていきたいと思います。

では早速いってみましょー。

 

脂漏性皮膚炎は肌カビが原因?治療法に予防方法など

脂漏性皮膚炎とはそもそも何か

主に新生児から生後3ヶ月位までの赤ちゃんか
成人を過ぎて30、40代のあたりで発症する
ケースが多いようです。

 

皮脂腺が多い、皮脂の分泌量が多い
頭皮や顔の部分や

他にも脇の下に太ももの付け根
胸に背中の中央部分などにできやすい
湿疹の一種で軽いかゆみをともないます。

20160228-07

皮膚が荒れて赤くなったり
カサついてはがれてくる場合もあるので

頭皮部分にできた場合はフケと勘違いして
放置してしまうケースも。

 

赤ちゃんの場合は
自然治癒する事も多いようですが

自然に治ることはまずなく症状が
出てしまうと慢性化してしまうので

早い段階で対処することが望ましい
肌の病気です。

 

脂漏性皮膚炎の原因について

次に脂漏性皮膚炎の原因についてですが
これは赤ちゃんと大人とで若干
異なるみたいです。

 

まず赤ちゃんの場合「乳児脂漏性皮膚炎」と呼び
皮脂の分泌が盛んなものの

毛穴はまだ未発達な状態なので
皮脂が毛穴部分に詰まりやすい事が
主な原因のようです。

 

適切な治療を行わないと
その後乳児のアトピー性皮膚炎に
移行する可能性もあるので

そのあたり注意が必要ですね。

 

 

次に成人を過ぎて脂漏性皮膚炎を
発症した場合ですけど

主な発症原因が冒頭であげた
「マラセチア菌というカビ菌」
原因となっている部分です。

 

このマラセチア菌ですけど
皮膚上に常に存在している菌なのですが

カビ菌なので皮脂や高温多湿な環境を好み
条件が揃うことで異常繁殖して

肌に炎症を引き起こし、脂漏性皮膚炎として
発症してしまうとされています。

 

皮脂、高温多湿な環境を好むことから
皮脂の過剰分泌は原因の1つとされており

その他にもストレスや生活習慣の乱れ
ビタミンBの不足などなど様々な要因が
絡んでいるとされますが

発症する原因が人それぞれで
明確な部分が分かっていない点も多い
病気だそうです。


「Sponsored link」

脂漏性皮膚炎の治療や予防対策について

脂漏性皮膚炎が炎症してしまうメカニズムとして
先ほど食生活の乱れ、多大なストレスを
受けてしまう事で発症すると書きましたが

皮膚に元々いたカビ菌が
過剰分泌された皮脂をエサとして増殖してしまい
頭皮などに刺激を与える物質を出してしまう。

 

これを解釈するならカビ菌の増殖さえ
抑えこんでしまえば

脂漏性皮膚炎の症状は出にくい状態に
なると考えられます。

 

まずかゆみやフケが気になる場合は
その原因部分を特定し、1つ1つ対応策を
考えていけばいいわけです。

ひとまず皮膚科に行って
診察を受けることをおすすめします。

 

 

そして大体の場合

 

・抗真菌剤、ケトコナゾール

・ビタミンB2,B6

 

このあたりを処方される事が多いでしょうか。

 

抗真菌剤に加えてステロイド剤を
処方するお医者さんもいますけど

ステロイド剤は確かに強い薬で効果はあるものの
使用するのをやめると症状がまた再発したり

皮膚の状態が弱くなりがちなので
症状が酷くない場合は

抗真菌剤のみで対応することが
望ましいといいます。


あと他に改善策として有効なのは

 

・油っこい食事、甘いお菓子などを控える

・適度に汗をかく運動を行う。

 

油っこい食事、例えば揚げ物ばかりや
ジャンクフードばかりの偏った食事に

ケーキやドーナツなど甘いお菓子などは

皮脂の分泌を過剰にするので
極力控えた方がいいです。

 

まあ全く食べずにストレスが溜まるくらいなら
たまに食べてストレス発散した方が
いいでしょう。

 

 

あとは適度な運動といった
ウォーキングに散歩などは

脂漏性皮膚炎のみならず

生活習慣病やアンチエイジング効果
それに骨や関節を丈夫にしたり
ダイエット効果など

 

身体にさまざまな良い効果を与えてくれるので
ほんのちょっと例えば

10分程度のウォーキングでも
良い効果を得られるそうなので

意識して取り組んでみると結果的に
脂漏性皮膚炎の症状も改善していくでしょう。

 

今回のまとめ

はい、今回はカビのマラセチア菌が
原因にもなる脂漏性皮膚炎について

治療方法、予防対策方法などについて
見ていきました。

 

1度発症してしまうとなかなか
完治が難しい皮膚の病気なので

マラセチア菌が増殖しない環境づくりを心がけ
日々の生活から改善を行っていきましょう。

 

では脂漏性皮膚炎と肌カビの関連性
治療方法などについては以上になります。

また次回にお越しくださいませ。


「Sponsored link」

引き続き
脂漏性皮膚炎についての他の記事も
まとめています。

どうぞご覧くださいませ~。

⇒⇒⇒脇の下が痛い痒いのは肌カビ脂漏性皮膚炎が原因?予防に治療法は

 

⇒⇒⇒脂漏性皮膚炎(肌カビ)とアトピーの違いに見分け方

 

⇒⇒⇒脂漏性皮膚炎(肌カビ)にコラージュフルフル!効果や期間について

 


コメントを残す

サブコンテンツ