お風呂の鏡の間のカビは錆?落とし方や除去方法はある?

 

こんにちは、管理人のモルディです。

 

先日よりお風呂場のゴムパッキンや
天井に生えてきたカビの対処法について
紹介していっていますけど

 

ふと鏡に焦点をあててみると
鏡に黒い斑点ができてカビっぽく見えるけど

カビキラーなど使っても落とせない・・
というのを見かけました。

 

さて、この黒い斑点鏡の間に
できているようなのですが

こういった場合家庭のやり方で
落としたり除去したりできる
ものなんでしょうか。


「Sponsored link」
今回はお風呂場の鏡の間にできたカビ??
黒い斑点部分について
見ていってみようかと思います。

 

お風呂の鏡の間のカビは錆?落とし方や除去方法はあるの?

そもそもその黒い斑点はカビ??

さて、まずお風呂場において
ポツポツした黒い斑点を見かけたりしますと

一瞬カビかな?と思い
カビキラーや激落ちくんなどで
対処したりするものの全く効果がなく

よく見てみると鏡の間から出ている様子・・

 

そういった場合、カビではなく
「錆」である可能性が高いかなーと思います。

 

長いこと鏡を使用していると
鏡も腐食による劣化が進んでいき

特に水がかかりやすい端っこの部分とか
端っこ以外でも黒い斑点のような腐食が
鏡中央部分にポツポツ出てくる事もあります。

この腐食を「シケ」と呼ぶそうです。

 

鏡の構造として

そして鏡の構造について書いておきますと

 

↑鏡面(表面)

 

・ガラス部

・銀膜部

・胴膜部

・保護塗料膜

 

↓裏面

 

といった具合にガラス部を通して
銀幕部で反射してこちらの姿などを
映しているわけですが

上記に書いたように経年劣化に
湿気や酸などが原因となって

銀幕部、つまり銀メッキ部分が腐食し
黒錆が出てきてしまうわけです。

20160226-05

ガラス部を通した中の部分で発生して
どんどん腐食していってしまうわけなので

表の鏡面部分にいくら
カビキラーなどつけても意味がありません。

錆がひどい場合は鏡を全部とっかえて
新しいものにする必要がありますね。


鏡の交換方法についてですが
こちらの東プレさんのページに
載っているようです。

⇒⇒⇒鏡の交換方法

 

鏡が小さい場合
「両面テープ(両面マット、粘着スポンジ)」
で固定されているとの事で

大きい鏡になりますと
「両面テープと変性シリコン(ボンド)」
での固定になるとの事。

 

鏡の大きさがそんなに大きくなく
近くのホームセンターなどに
同じ大きさの鏡を取り扱っているとしたら

自力で交換作業してみるのも
いいかもしれません。

 

作業的によく分からない・・・
といった場合は

素直に浴室専門のリフォーム会社などに聞いて
交換依頼を出すといいですね。


「Sponsored link」

ついでに鏡面部分の汚れの落とし方について

ついでに鏡面部分の
水垢汚れの落とし方を書いておきますと

 

「お酢を使用する」

鏡の水垢汚れはカルシウム汚れでもあるため
酸性のものに溶ける性質があります。

このため軽いカルシウム汚れなら
お酢で簡単に取れるでしょう。

処置が終わったらシャワーでしっかり
洗い流し乾燥させます。

 

「クエン酸を使用する」

クエン酸も同様に水垢汚れには効果的です。

クエン酸水を作り
クッキングペーパーなどに浸して
鏡に貼り付けます。

その後ラップで数時間放置した後に
シャワーでしっかり洗い流します。

 

「100均のダイヤモンドパフを使う」

100均ショップなどで売っている
「ダイヤモンドパフ」が水垢には
なかなか効果的です。

 

水をつけて鏡面部分こするだけで
水垢、ウロコ汚れがきれいに落ちていきます。

普段の鏡掃除の時にもなかなかおすすめです。

 

ひとまず鏡の中の錆はどうにかできないけど
鏡面部分だけでもキレイにしておきたい;

といった場合は上記の方法
試してみるといいかなと思います。

 

今回のまとめ

はい、今回ちょっと短めでしたけど
いかがでしたでしょうか。

 

鏡の間部分に腐食、錆ができてしまうと
きれいにするには基本的にもう
交換するしかなくなりますので

普段から錆、腐食が発生しないように
洗剤や汚れなどは洗い流して乾燥させて

 

また、上記のお酢や
クエン酸を使ったお掃除の後なども

ちゃんと水で洗い流しておかないと
腐食の原因になるとのことなので
しっかり洗い流しておきましょうね。

 

鏡の間に黒い斑点が・・カビ??
と思っている方は今回の記事を
参考にしてみてください。

 

ではでは、お風呂場の鏡の間のカビ?
についての内容は以上です。

またお越しくださいませ。


「Sponsored link」


コメントを残す

サブコンテンツ