シャワーヘッドのカビ取り掃除方法!重曹クエン酸で簡単に

 

こんにちは、管理人のモルディです。

 

お風呂場はただでさえ湿気が
溜まりやすい環境なので

何かとカビが生えやすいですよね。

当ブログでもお風呂場に関するカビの記事は
色々書いてきました。

 

そんな中で意外と
盲点になりやすいのが「シャワーヘッド」

パッと見できれいに
見えるかもしれないシャワーヘッドですけど

実のところカビの温床に
なりやすいという話もあります。


「Sponsored link」

今回はこのシャワーヘッドの
カビについて簡単なカビ取り掃除方法について
見ていきたいと思います。

 

では早速いってみましょー。

 

シャワーヘッドのカビ取り掃除方法!重曹クエン酸で簡単に

シャワーヘッドの汚れやカビが生えやすい原因は何か?

シャワーヘッドの場合
考えられる汚れとしては2つありまして

1つは水垢などのミネラル成分が
結晶化して汚れになってしまっているケース

白い固まった汚れがそれですね。

 

もう1つはお風呂場でよく見かける
黒いカビの汚れです。

 

シャワーヘッドにこれら
水垢汚れやカビが繁殖してしまう理由としては

 

・シャワーヘッドの構造上
 中には常に水分が溜まっている
 状態になってしまう

 

・体や髪の毛を洗った際に
 皮脂や汚れが跳ね返り、それを栄養分として
 繁殖していく

 

・浴室内の温度に湿気の高さ

 

などが関係していると考えられます。

20160414-03

考えてみるとお風呂場の
ゴムパッキンとか天井のカビなどは

目につきやすいのでひどくなってきたら
除去しますけど

シャワーヘッドとかって
あんまり意識しませんよね;

 

ではこのシャワーヘッドの水垢や
カビ汚れを落としていくには
どうすればいいでしょうか。

 

シャワーヘッドのカビ取り掃除・重曹クエン酸で簡単に

「用意するもの」

・お酢、もしくはクエン酸・・・100cc

・重曹・・・大さじ2

・お湯・・・1リットル

・バケツ

(シャワーヘッドを漬け込むので
洗面器でもいいですけど

やっぱりバケツの方が
安定するかと思います。)

・スポンジ

・歯ブラシ


「掃除の手順」

「1」
バケツにクエン酸、重曹を入れまして
そこに沸かしたお湯を入れていきます。

だいたい40~50℃程度で大丈夫です。

 

「2」
そしてそこに
シャワーヘッドを入れて漬け込みます。

外して漬け込む事が出来れば
それに越したことはないですけど

外せなければそのままでも大丈夫です

 

「3」
次にだいたい数時間程度漬け込んだら
スポンジで軽く擦り洗いしたり

穴の部分を歯ブラシなどで擦っていきましょう

 

「4」
あとはシャワーを出して穴に詰まった
重曹や汚れを洗い流せば完了です。


「Sponsored link」

頑固なカビ汚れにはクエン酸パックが効果的

カビ汚れが断固な場合は溶かしたクエン酸を
ティッシュペーパーなどに染み込ませ

ラップでパック状態にして密閉し
クエン酸の成分をカビ菌に
染み込ませていくやり方もありますね。

 

「用意するもの」

・クエン酸

・ティッシュペーパーかキッチンペーパー

・サランラップ

・スポンジ

・輪ゴム

・お湯


「手順」

「1」
クエン酸を容器などに入れてお湯で溶かして
高濃度のクエン酸液を作ります

 

「2」
そのクエン酸液をティッシュペーパーや
キッチンペーパーなどに染み込ませて

シャワーヘッドをつつんでいきます。

 

「3」
包んだらサランラップで覆って
根本の部分を輪ゴムで留めていきましょう

 

「4」
この状態で1時間放置し・・・

 

「5」
その後スポンジで軽く擦り洗いして

穴の部分を歯ブラシでこすり洗いしていきます

 

「6」
あとはシャワーの水を出して
穴に詰まった汚れなどを
洗い流していけば完了です。

 

シャワーヘッドのカビ菌の予防対策として

だいたいのカビ菌の予防策として
共通するのは「乾燥させる事」ですね。

換気と乾燥させる事がなによりも大事です。

 

あとカビ菌はだいたい45℃以上のお湯で
殺菌可能なので

浴室内の汚れを45℃以上のお湯で落としていき
その後水で浴室内温度を下げて

換気して乾燥させていきましょう。

 

なので浴室の換気扇は絶えず
回しておく事が望ましいですね。

 

だいたいシャワーヘッドの掃除の頻度としては
3ヶ月に1回程度で問題ないかと思います。

この場合は上記で紹介した
クエン酸と重曹での漬け込み作業を
1時間程度で十分でしょう。

 

今回のまとめ

はい、そんな感じで今回は
意外とカビ菌の温床になりやすい

シャワーヘッドのカビ取り掃除の方法で
重曹とクエン酸を使った簡単なやり方について
紹介していきました。

 

非常に簡単な方法でしたけど
注意しておきたい点としては

塩素系の洗剤などと混ぜてしまうと
有毒ガスが発生してしまうので
絶対に混ぜて使用したりしないでくださいね。

ここは自己責任にてお願いしますよ~。

 

お子さんがいる家庭とかですと
塩素系のカビ取り剤などを使うのは
躊躇する方いると思うので

今回のクエン酸、重曹を使ったカビ取り掃除
是非試してみてくださいね。

 

ではでは、シャワーヘッドの
カビ取り掃除方法については以上になります。

また次回にお会いしましょうー。


「Sponsored link」


コメントを残す

サブコンテンツ