手水虫(手カビ・手白癬)はうつる?初期症状に市販薬の治し方

 

こんにちは、管理人のモルディです。

 

先日足の水虫に関して
記事を書いていきましたけど

水虫を引き起こす白癬菌は足に限らず
手にもその症状を発症させてしまうのは
ご存知でしょうか。

 

足の水虫に比べて発症するケースは
稀との事でそんなに心配することは
ないかもしれませんが

仮に手水虫になってしまうと

生活の中でも露出が多いですし
物に触らないといけませんし
かなり人目を気にしていく必要が出てきます。

 

症状を甘く見ていると完治までに
時間がかかり悪化する可能性もあるので
対策はしっかりしていきたいところ。


「Sponsored link」

今回は手水虫(手カビ・手白癬)は
どううつるのか。

 

初期症状から市販薬の治し方などについて
見ていきたいと思います。

ではいってみましょー。

 

手水虫(手カビ・手白癬)はうつる?初期症状に市販薬の治し方

まず手水虫(手カビ・手白癬)の特徴と原因、感染経路について

手水虫(手白癬)は足にできる水虫の
足白癬と比べて発症ケースが
かなり稀だといいます。

だいたい9割近くが足に出来る水虫であり
症状そのもの手にできる湿疹と
酷似しています。初期症状としては

 

・カサカサしてくる

 

・痛みや痒みはほとんどない

 

・小さな湿疹のようなものが出てくる

 

と、こんな感じ。

 

 

自己判断で手荒れの薬を使用して
結果手水虫の症状がかなり進んで

ようやく手水虫だと
判明するケースが多いといいます。

 

ちなみに手の湿疹と
手水虫の違いを書いておきますと

「手水虫は片手のみに発症する事が多い」

という事で、その確率は8割以上との事。

 

湿疹の場合はだいたい
両手にその症状が出てくるので

そのあたりで判断出来たら
早期発見に繋がりますね。

 

そして手水虫の症状が進行していくと徐々に
「水泡」が出てきたり
「皮がむける」といった状態になるといいます。


手水虫の場合も
足の水虫と同様にうつる事がありまして

そうなると誰かにうつされたんじゃ・・

 

そう考えるかと思いますが

ちょっとショックに感じるかもしれませんけど
手水虫を発症してしまった場合

ほとんどの感染源は
自分自身の水虫だというんですね。

 

もしも手水虫になってしまったという場合
結構高い確率で足の水虫も
発症していないでしょうか。

 

水虫の原因となっている白癬菌はカビ菌ですので

やはり高い湿度で、湿気が多いところで
増殖しやすいです。

20160413-03

足の場合は足拭きマットなどから
足に白癬菌がくっついて

そのまま靴などを履いて
長時間蒸れた環境内に足を置いているので
足白癬にかかりやすいわけですね。

 

しかし手は乾燥している事が多いですし
結構頻繁に洗うところでもあるので
感染しにくい場所なはずですが

それでも足水虫にかかった状態での爪切りとか
風呂場やトイレのマットに
白癬菌が多く付着していて

 

それを素手で触ってしまい
その後清潔にしていなかったり

身体の抵抗力が低い状態だったりすると
手の方も白癬菌に感染して
手水虫の状態に・・・と

こういった流れになりやすいといいます。

 

このため家族間でも水虫菌が広がり
二次被害へと繋がりかねないので

白癬菌に感染しないよう
タオルとかマット類などは別々にして
使うよう心がける必要が出てくるでしょう。


「Sponsored link」

手水虫の症状と治療法について

手水虫(手白癬)の症状は
足水虫(足白癬)の症状と同じように

・趾間型水虫

・小水疱型水虫

・角質増殖型水虫

・爪水虫(爪白癬)

この4つに分類されるといいます。

 

対処としては塗り薬と
内服薬で治療していきます。

 

 

片手のみに症状が出ている場合は
手水虫の可能性が濃厚ですけど

白癬菌に感染している場合
アトピー性皮膚炎を併発している可能性もあり

 

この場合アトピーの治療薬の
ステロイドを使うと

良い菌も悪い菌も根こそぎ
全滅させてしまう中で免疫力を
低下させるだけでなく

ステロイドそのものをエサにして
カビ菌が増殖するので余計悪化します。

 

なのでまずは皮膚科に行くことを
おすすめしますね。

 

白癬菌の治療はかなり根気良く行う必要があり
完治するまで数ヶ月間もの時間が必要です。

カビ菌が原因の水虫は自然治癒は難しいので
しっかり薬をもらって治していきましょう。

 

手水虫(手カビ・手白癬)の市販薬での治し方

手水虫の進行状況がまだ初期の段階の場合は
市販薬で対応する事も可能かと思います。

 

だいたいの初期症状のとしては

 

・手がカサカサして乾燥している

 

・痛みや痒みはほとんどない

 

・症状が片手のみ

 

・足に水虫の症状がある

 

とこのあたり。

 

もしも「水泡」「皮が剥けている」といった
症状まで進行しているとしたら

皮膚科で診断してもらって
適切な薬をもらってきたほうが
いいかと思います。

 

水虫の市販薬の場合は

 

・値段が1000円以下と安いもの

・1日に何回も塗らないといけないもの

 

この辺りの商品はあまり効果がないので
買わない方がいいでしょう。

以下にいくつかおすすめな
市販の水虫薬を紹介しておきます。


「ブテナロック」
20160413-05

⇒⇒⇒【第(2)類医薬品】ブテナロックVαクリーム 15g

「塩酸ブテナフィン」配合で
エポキシターゼという酵素を阻害して
白癬菌の増殖を抑制し、殺菌していきます。

強い痒みを和らげて
スーッとした清涼感があります。


20160413-06

「ピロエースZ」

⇒⇒⇒【第(2)類医薬品】 ピロエースZクリーム 15g

「ラノコナゾール」配合で白癬菌や
カンジダなどのカビ菌に対しても
高い殺菌能力を持ちます。

 

今回のまとめ

はい、そんな感じで
手水虫(手カビ・手白癬)はどううつるのか

初期症状から効果のある市販薬での
治し方など紹介していきました。

 

病院に行く時間がないとか
水虫の症状を見せるのは気がひける・・
など思う所はあるかと思いますが

 

やはり1番手っ取り早いのは
皮膚科でしっかり見てもらって
原因部分を特定してもらう事かと思いますので

初期症状からもしかして
手水虫かな・・と思う所あるとしたら
早い段階で治療をしていきましょう。

 

ではでは、手水虫は人にうつるのか
初期症状に市販薬での治し方などに
ついては以上です。

また次回に起こしください~。


「Sponsored link」


コメントを残す

サブコンテンツ