顔がかゆい原因はカビのマラセチア菌?顔カビの症状や治療方法

 

こんにちは、管理人のモルディです。

 

湿気が高くなりがちな
梅雨時から夏の季節は
汗をかきやすかったりしますけど

そういった時期に
顔全体にかゆみが出てきたり
妙な赤みが出てきたり・・

 

かゆみ止めを塗って
ケアしているつもりなのに

どうにもこうにも
良くならないといった場合は

カビのマラセチア菌などが
関係している可能性があります。

 

普通は顔にカビなんて・・・と
そう思ってしまうでしょうから

カビによるものだと判明した時には
症状が進行しているケースも。


「Sponsored link」

そこで今回は顔が
かゆい原因にもなりえる
カビのマラセチア菌についてや

顔カビの症状に治療方法など
見ていきたいと思います。

 

顔がかゆい原因はカビのマラセチア菌?顔カビの症状や治療方法

顔にも出てくるカビのマラセチア菌

顔に出てくるカビ!?と
初めて聞く人にはなかなか
衝撃的かもしれませんけど

 

原因となりえるカビの一種である
「マラセチア菌」は皮膚上に存在する
常在菌であり

目には見えないものの
人の皮膚・・顔とか肌のどこにでもいるような
菌だったりします。

 

カビではあるものの皮脂を脂肪酸に代謝し
肌を弱酸性の状態に保ってくれる働きがあり

普通にしていれば
悪さをするような菌でもありません。


だがしかし・・・

 

このマラセチア菌、皮脂や汗などが大好物で
梅雨時から夏の時期はそういった

皮脂とか汗などが
出やすい時期でもあったりします。

 

あとカビ菌ですから
湿度が高い環境では増殖しやすく

マラセチア菌にとっては
まさに天国みたいな環境に。

 

それによって増殖状態となると
皮膚上で炎症を起こして皮膚炎の状態に。

それによって顔に赤いポツポツや
かゆみが出てくるわけですね。

20160408-03

ちなみに顔の赤いポツポツを
にきびと勘違いして薬を塗っても

元々の菌が異なるので治りません。

 

なのでニキビ薬が効果ない場合は
マラセチア菌による炎症を疑ってもいいかと。


あと、梅雨時から夏にかけてが
繁殖しやすいですが

夏の疲れが出やすい秋の時期にも注意が必要。

 

秋口には皮脂や汗の分泌物が
増える傾向にありますし

大気も乾燥してくるので
そこで過度な保湿を行ったりすると

かえってカビ菌の繁殖を
サポートする事にもなるといいます。

 

顔カビが引き起こす色んな症状について

顔がかゆくなったり
赤みが出てきたりする原因の顔カビ。

それが引き起こす症状について
いくつか見ていきましょうか。

 

脂漏性皮膚炎

マラセチア菌が繁殖して
引き起こされる皮膚炎で代表的なものが

「脂漏性皮膚炎」となります。

 

皮脂が多い鼻の周辺とか頭皮部分などを
中心として引き起こされる皮膚炎であり

本来は髪の毛や皮膚の
保湿機能などがあるんですが

夏の時期には過剰に分泌されやすいので
これがマラセチア菌の栄養分となり
どんどん増殖していきます。

 

症状としてはかゆみが出てきたり
赤くなったりと最初は軽度ですけど

重症化すると皮膚が荒れて真っ赤になって
取り返しがつかなくなるケースも。

 

あくまでもカビ菌のマラセチア菌が原因なので
対処を間違えると完治までに
時間がかかってしまいます。

 

マラセチア毛包炎

ニキビにも間違えられやすい
マラセチア毛包炎の場合

 

・赤いブツブツが均一にできる

・にきびよりは小さい

・かゆみは軽度な場合が多い

・こめかみ、額などの顔だけなく
 首、胸、肩から二の腕にかけて
 場合によっては背中も

 

こういった症状が見られます。

 

この場合もカビの真菌類が原因なので
抗真菌剤入りの薬剤でないと
効果がありません。

 

アレルギー性湿疹

元々アトピー性皮膚炎を患っている方の場合
肌のバリア機能や免疫力が低下している事から

カビのマラセチア菌に感染して
症状が悪化してしまうケースが
あるといいます。

 

・かゆみの悪化

・皮膚が赤くなり、腫れる

・湿疹がたくさん出る

 

とこういった症状ですね。

 

このケースの場合
アトピー性皮膚炎のために

ステロイド薬を使用したりすると
悪化するケースが多いので

まずはカビのマラセチア菌を
排除していく事が大切になります。


「Sponsored link」

顔カビの治療方法や予防法としては

抗真菌薬での治療

原因となっているのが
カビの一種である「マラセチア菌」なので

カビ菌に対抗できる
抗真菌薬による治療が効果的です。

 

皮膚炎の原因になっている遊離脂肪酸は
マラセチアが生み出しているともいうので

その元凶を取り除いてしまえばいいわけですね。

 

自宅でできる抗真菌薬でのケアとしては
「コラージュフルフル」による

泡石鹸などでの洗顔をおすすめしておきます。

 

脂漏性皮膚炎などに一定以上の効果があるので
カビと診断された場合には
試してみるといいでしょう。

こっちの記事でコラージュフルフルについて
書いていますのでチェックしてみてください。

⇒⇒⇒脂漏性皮膚炎(肌カビ)にコラージュフルフル!効果や期間について

 

紫外線の対策をしっかりと

紫外線は皮膚にジリジリと
ダメージを与えていくので
炎症の原因になりえます。

皮膚がダメージを受けると乾燥しやすくなり
そうなると身体が皮膚の保湿と保護のために
皮脂分泌が過剰になりやすくなるといいます。

 

皮脂の過剰分泌はさきほど書きましたように
マラセチア菌の増殖につながるので

夏の時期の紫外線対策は
しっかりやっておきましょう。

 

バランスのとれた食事を心がける

脂肪分や糖類の多い食生活は
それだけ皮脂の分泌量を増加させるので
マラセチア菌に栄養分を与える事になります。

 

あとは

 

・ビタミンC、E

・ビタミンB

・鉄分、亜鉛

・タンパク質

・乳酸菌

 

このあたりの栄養素は
意識して摂取しておきたいところ。

 

特に消化器官の不調はこういった
カビ菌の増殖とは結構密接に関係しており

腸内環境の悪化はアレルギー症状や
アトピー性皮膚炎の悪化につながりやすいので

顔にカビが寄生してしまう原因にもなるとか。

 

なので腸内までしっかり届く
ビフィズス菌入りヨーグルトなどを
食べるなどして

腸内環境を改善しつつバランスの取れた
食生活を送りたいところです。

 

そのあたりこっちの記事でも書いているので
チェックしてみてください。

⇒⇒⇒腸内カンジダ(カビ)とアトピーアレルギーの関係!悪化の原因について

 

⇒⇒⇒腸内カンジダ(カビ)の予防や治療改善に効く食べ物飲み物

 

⇒⇒⇒腸内環境改善でカンジダ(カビ)を予防!善玉菌を増やす腸を整える方法

 

顔のお手入れはほどほどにしておきましょう

カビのマラセチア菌を
取り除いていく事はもちろん大切なのですが

お手入れのし過ぎは
肌の状態を悪化させてしまいます。

 

保湿のしすぎで
顔カビが好む湿度の条件を作りますし

殺菌しすぎると皮膚上の菌の
バランスが崩れてしまい
バリア機能の低下につながってしまうので

顔のお手入れのやりすぎには気をつけましょう。

 

エアコン、掃除機、除湿機などのフィルター掃除はこまめに

エアコンや掃除機、除湿機に加湿器などなど
このあたりの掃除を定期的にやっておかないと

知らず知らずのうちにカビの胞子を
部屋中にばらまいてしまう事に。

 

主に喘息系の病気に
発展するケースが多いですが

肌のバリア機能が低下していたり
腸内環境が著しく悪い状態で
顔にカビ菌が付着してしまうと

顔でカビ菌が増殖して脂漏性皮膚炎や
マラセチア毛包炎になってしまうかも。

 

カビによる健康被害は結構怖いところもあるので
定期的なお手入れとカビ取り掃除は
しておきましょうね。

 

以下にエアコンや掃除機など
カビの関連記事紹介しておきます。

⇒⇒⇒エアコンのカビで風邪?喉の痛みに咳は夏型過敏性肺炎?

 

⇒⇒⇒掃除機の排気がカビ臭い!原因対策に臭いをきれいにするには?

 

⇒⇒⇒除湿機がカビ臭い?カビ取り掃除方法や簡単お手入れのやり方

 

⇒⇒⇒加湿器の水垢カビ除去方法!フィルター掃除はクエン酸が効果的?

 

今回のまとめ

はい、今回は顔がかゆい原因になる
カビのマラセチア菌についてや

顔カビの症状、治療方法や
予防法などについて紹介していきました。

 

顔に出てきた赤いプツプツやかぶれなど
症状が長く続くようなら早めに皮膚科に行って
病気の原因を特定してもらいましょう。

素人判断で市販の薬とか
試すと却って悪化する事が多いです。

 

特に顔の場合は症状ひどくなると
人前に出ないといけないので厄介ですから

早めに原因特定して
根気よく治療していってください。

 

ではでは、顔がかゆい原因になる
カビのマラセチア菌や症状治療方法については
以上になります。

また次回にお越しください。


「Sponsored link」

引き続き皮膚に関する
カビについての記事も

いくつかまとめてみたので
チェックしてみてください~。

⇒⇒⇒皮膚や胸のシミにカビ?癜風(でんぷう)の原因に治療法など

 

⇒⇒⇒皮膚カビが汗疹(あせも)とアトピーの原因?大人の治し方や予防対策

 

⇒⇒⇒赤ちゃんの首のただれと臭いはカンジダが原因?対処にスキンケア方法

 

⇒⇒⇒脂漏性皮膚炎(肌カビ)とアトピーの違いに見分け方

 

⇒⇒⇒肌の皮膚カビに要注意!そのニキビかゆみはマラセチア菌かも?

 


コメントを残す

サブコンテンツ