脂漏性皮膚炎(肌カビ)とアトピーの違いに見分け方

 

どうも~管理人のモルディです。

 

これまでブログの記事で
脂漏性皮膚炎(肌カビ)について
何回か取り上げてきましたけど

脂漏性皮膚炎の症状って
アトピー性皮膚炎の症状とすっごい似ている
部分があるので

皮膚科の先生に診てもらっても
誤診するといったケースがよくあるといいます。

 

なので痒みの症状の代表格でもある
アトピー性皮膚炎かなと思っていたものが

実は肌カビによる脂漏性皮膚炎によるもので
抗真菌薬入のシャンプーを使い始めたら
症状が緩和したという話もあるほど。

 

アトピー性皮膚炎と
カビ菌による脂漏性皮膚炎では

その治療方法も異なるので
間違った診断をされると治るのが
遅れてしまいます。


「Sponsored link」

今回は治療が送れないためにも
肌カビによる脂漏性皮膚炎とアトピーとの違いに
その見分け方などについて

見ていきたいと思います。

 

では早速いってみましょー。

 

脂漏性皮膚炎(肌カビ)とアトピーの違いに見分け方

ひとまず脂漏性皮膚炎(肌カビ)について

ではまず最初に脂漏性皮膚炎とは
何なのかについて見ていきましょうか。

 

思春期の時期を過ぎてだいたい
30代、40代にさしかかり

頭皮のフケが多くなったり
フケがこびりついたり・・・・

 

あと脇の下とか華の両脇、耳の裏側などが
赤くなったり油っぽい細かい皮が
こびりついたりしてくる場合

脂漏性皮膚炎という皮膚病が疑われます。

 

見た目がアトピーと大差がないのですが

大体原因となっているのが
「マラセチア菌」という皮膚にいる常在菌です。

20160331-05

常在菌なので常にカビ菌が皮膚に
付着している事になりますけど

通常皮膚には沢山の菌がいて
バランスを取っておとなしくしています。

 

しかし何らかの原因。。

 

例えば肌を清潔にしなかったり食生活が乱れたり
過度なストレスを受け続けたりすると

菌のバランスが崩れていき
マラセチア菌が一気に増殖して

「トリグリセリド」という皮脂に
含まれる成分が分解されます。

 

このトリグリセリドが分解されると
「遊離性脂肪酸」という物質に変化し

この脂肪酸が多くなり皮膚への刺激が起こると
脂漏性皮膚炎の症状が出てくるといいます。


よく40代、50代あたりのおじさんで
額とか禿げた頭とかがテカテカしている人
いますけど

あれは皮脂の過剰分泌によるものかと思います。

 

男性の方がホルモンの影響によって
皮脂が分泌されやすいので
脂漏性皮膚炎の症状が出やすいんですね。

 

そしてアトピー性皮膚炎にかかっている人の場合

元々皮膚のバリア機能が壊れて低下しているので
衣服やタオル、部屋にカビ菌が多く
付着していると

そこからカビ菌に感染して
異常繁殖により脂漏性皮膚炎を

併発するという事態に
なることも多いといいます。

 

脂漏性皮膚炎の症状の場合

 

・皮膚を掻くとフケのようなものが落ちる

 

・赤みやかさぶたを伴う

 

・脂っぽい皮脂

 

・鼻周りの頬や額、眉間、胸や背中
 顔や頭などの皮脂腺が集中している所に
 できやすい

 

こういった点があげられます。


「Sponsored link」

アトピー性皮膚炎の場合

アトピー性皮膚炎の場合ですと先天的な体質や
食べ物やハウスダストによる
アレルギーが原因になっているなど

色んな要因がありますけど

 

アトピーと診断されたのに実は
脂漏性皮膚炎だったというケースは多いものの

その逆のケースという人は
あまりいないとの事です。

 

しかし上記に書きましたように
アトピー性皮膚炎の人の場合
脂漏性皮膚炎を併発しやすいので

その場合治療に時間が
かかってしまうといいますね。

 

だいたいの症状として

 

・アレルギー
(ダニや花粉、ハウスダスト、食品、化学薬品)

 

・肘の裏、膝の裏、首、手足首などの
 関節部分に症状が出やすい

 

・強いかゆみを伴い肌が乾燥する

 

・左右対称に発祥することが多い

 

アトピーの場合
軽症から重症まで4つの段階があり

症状が重い場合はステロイド剤のランクが
強いものへと変わっていきます。

 

ただ、カビが原因の脂漏性皮膚炎の場合は
ステロイド剤を塗るとカビ菌が増えてしまうので
悪化してしまうんですね。。

なので、病気の判断ミスで
処方される薬が異なると治療に
余計な時間がかかってしまうわけです。

 

脂漏性皮膚炎(肌カビ)とアトピー性皮膚炎との見分け方

アトピーの項目で書きましたけど
アトピーの場合、膝裏や肘の裏あたりに
必ずといっていいほど症状が出てきます。

 

しかし、脂漏性皮膚炎の場合
皮脂の多い箇所に出来るので

皮脂腺の少ない膝裏とか肘の裏などには
まず出来ないところが特徴。

 

主に出てくるのは頭皮とか脇の下
鼻の周辺とか顔のTゾーンあたりですね。

なのでまず膝裏、肘の裏に症状が
見られないといった場合は
脂漏性皮膚炎の可能性が高くなります。


もしくは顔の「Tゾーン」部分での
見分け方もあります。

 

脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰に分泌される事により
炎症が起こってしまうので

皮脂が多い箇所に炎症が出てきやすいです。

 

そしてアトピーの場合
皮脂の分泌が多い箇所では
皮膚の状態がよくなる傾向にあります。

 

だいたい乾燥している事が原因なので

皮脂の多い箇所だと保湿の役割を果たすので
鼻のあたりはアトピーの症状が
出にくいんですね。

 

なので鼻の周辺が
きれいな場合はアトピー性皮膚炎

逆に鼻の横、鼻翼部あたりに炎症がある場合は
脂漏性皮膚炎を疑った方がいいでしょう。

 

今回のまとめ

はい、そんな感じで今回は
脂漏性皮膚炎(肌カビ)と

アトピーとの違いや
見分け方の部分について紹介していきました。

 

上記の内容になんとなくあてはまる人の場合
ひとまず専門の医療機関でしっかりと
検査を受けた方がいいですね。

 

あと、記事中でも書きましたが
アトピー性皮膚炎を患っている人の場合

脂漏性皮膚炎を併発する事もありますので
どっちにしても体が不自然に妙に痒い・・

といった場合は早めに病院に行ってください。

 

ではでは、脂漏性皮膚炎(肌カビ)と
アトピー性皮膚炎の違い、見分け方については
以上です。

またお越しくださいませ。


「Sponsored link」

引き続き脂漏性皮膚炎や
カビとアトピーの関連性の記事など
まとめています。

どうぞご覧くださいませ~。

 

「脂漏性皮膚炎についての記事」

⇒⇒⇒脂漏性皮膚炎は肌カビが原因?治療法に予防方法など

 

⇒⇒⇒脇の下が痛い痒いのは肌カビ脂漏性皮膚炎が原因?予防に治療法は

 

⇒⇒⇒脂漏性皮膚炎(肌カビ)にコラージュフルフル!効果や期間について

 

 

「アトピーとカビ関連の記事」

⇒⇒⇒洗濯槽のカビがアトピーアレルギー性皮膚炎の原因に?予防対策方法

 

⇒⇒⇒腸内カンジダ(カビ)とアトピーアレルギーの関係!悪化の原因について

 

⇒⇒⇒お風呂のカビがアトピー悪化原因に?掃除対策やスキンケアについて

 

⇒⇒⇒マラセチアがアトピー性皮膚炎の原因に?部屋カビ対策で治療改善!

 

⇒⇒⇒皮膚カビが汗疹(あせも)とアトピーの原因?大人の治し方や予防対策

 


コメントを残す

サブコンテンツ