トイレブラシにカビ!清潔に保つ方法に100均使い捨てがいい?

 

こんにちは、管理人のモルディです。

 

先日からトイレの空間のカビなどについて
落とし方や対策などなど調べて
書いていっています。

 

トイレってやはり毎日使用する場所で
常に水が張っているので湿気もたまりやすく
カビ菌の増殖率もかなりのものなんですよね。

 

それでトイレ掃除などする時に
ブラシを使うかと思うのですが

このブラシ・・・
掃除し終わったらいつもどうしてますか?

 

特に何も考えずそのまま
ブラシケースに入れたりした場合
すごい勢いで雑菌など増殖して

カビ菌の温床になってしまいます。。

それそのまま使っていくのは
精神衛生上非常によろしくないです。


「Sponsored link」
今回はこのトイレブラシのカビについて

ブラシを清潔に保つ方法など
見ていきたいと思います。

 

では早速いってみましょー。

トイレブラシにカビ!清潔に保つ方法に100均使い捨てがいい?

トイレブラシってどのくらい汚いのか

自宅の中でもカビ菌や雑菌などが
増殖しやすい空間がトイレなわけですけど

このトイレの中でも多分ダントツで
汚い部分というのが・・・
なんとトイレブラシだといいます。

 

家庭で使用しているトイレブラシ1本には

 

・72万~8億4000万個の細菌

・7万2000~330万個のカビ菌

 

が付着しているそうで

これは下水道の汚染レベルと
ほぼ同等かそれ以上の汚さだといいますΣ

 

トイレブラシから検出される菌達は
以下のようになっているとの事で

「細菌」

・緑膿菌

・大腸菌

・エンテロバクター

 

「カビ菌」

・黒カビ

・青カビ

・赤色酵母

・カンジダ菌

これらの菌が合わせて
8億個相当いると考えると
かなり恐ろしい事かと。。

20160305-05

ブラシで掃除した後水切りした際に
その水が壁や床、トイレマットなどに
付着したら・・・・

もうそれだけで小さいお子さんや
お年寄りの方のアレルギーを
引き起こす原因になりえます。

 

なのでこれらの細菌にカビ菌を予防するためにも
トイレブラシはしっかり清潔にしておく
必要があります。

 

トイレブラシのカビ菌や細菌を殺菌駆除

「漂白剤を使用する場合」

まずバケツにビニール袋を2重に張って
そこにぬるま湯、漂白剤などを入れて

トイレブラシにケースを約30分ほど浸け置き
漂白、殺菌消毒します。

 

ブラシだけなら便器の中に溜まっている水に
漂白剤を入れて浸け置きするといいでしょう。

ひとまずこれでブラシの
カビ菌などの殺菌消毒は可能です。


「クエン酸を使用する場合」

こちらもバケツに
大きいビニール袋を2重に張ってから

 

・水1リットル、クエン酸小さじ1杯

 

を入れてブラシ、受け皿などを浸け置きします。

 

トイレの汚れは基本アルカリ性なので
酸性たっぷりのクエン酸は殺菌効果もあり
相性が良いわけです。

お酢でも問題ないですが
掃除後のさっぱりした空気は
クエン酸の方が感じ取れるので

クエン酸をおすすめしたいですね。


「しっかり天日干しして乾燥させる」

上記の浸け置きなどを行い殺菌消毒したら
しっかり太陽の光に当てて
天日干しして乾燥させていきます。

 

カビ菌の繁殖には湿気が必要ですから
増殖させないためにもここはしっかり
乾燥させて片付けましょう。

カビ菌増殖予防に
消毒用エタノールスプレーをブラシに
スプレーしておくのもいいかなと思います。


「Sponsored link」

いっそトイレブラシじゃなくて100均使い捨ての方が良い?

こういったトイレブラシの
殺菌除菌は大切ですけど

毎回お手入れしていくのは面倒だし
ちょっと抵抗があるかな・・といった場合

いっそトイレブラシは捨ててしまい

 

「100均使い捨てのトイレクリーナー」

「流せるトイレブラシ」

 

このあたりを使っていけば
日頃のブラシのお手入れなどは気にせずに

トイレの掃除終わったらそのまま流して
終了といった具合にとても楽ちんです。

 

何よりカビ菌が増殖していく
一番の原因がないのですから
精神衛生上的にも気が楽でしょう。


あとはこちらの

20160305-04

⇒⇒⇒スクラビングバブル シャット流せる トイレブラシ

濃縮洗剤付きのブラシがついてる
流せるトイレブラシなんてアイテムもあります。

 

トイレ掃除始めると先端の
ブラシについている洗剤が溶け出して
そのままお掃除できます。

こちらも掃除終わったら
そのままブラシ部分は流せるので
ブラシの除菌など考える必要はありません。

 

ランニングコストは

「12個入りで約300円」

といったところなので1回の掃除に
かかる費用は約25円前後でしょうか。

 

ここは週一で掃除する家庭とか
毎日掃除する家庭など費用に
違いが出てくるので

100均使い捨てトイレクリーナーと
洗剤併用か

流せるトイレブラシを使うかは
個人の判断にお任せします。

 

まあどちらにせよ、掃除終わった後の
ブラシを流してさよなら出来る部分は
ポイント大きいかと思います。

 

今回のまとめ

はい、今回はカビ菌や細菌などが
増殖しやすいトイレブラシについて

清潔に保つ方法や100均使い捨てクリーナーに
流せるトイレブラシなど紹介していきました。

 

個人的にはやっぱり掃除が終わったあとの
トイレブラシをそのまま置いておく事に
ちょっと抵抗あるので

使い捨ての100均トイレクリーナーなど使いつつ
トイレ掃除していくのが
いいかなと思いましたね。


「Sponsored link」

何せカビ菌や雑菌が何億個といるんですから
置いておくだけでもなんだか気持ち悪いですし;

トイレブラシを使っている方は
一度使い捨てのトイレクリーナーやブラシなど
使ってみてくださいね。

 

ではでは、カビ菌が増えやすいトイレブラシを
清潔にする方法など以上になります。

また次回にお会いしましょう。

 

引き続きトイレとカビ関連の記事を
紹介しておきますね。

⇒⇒⇒トイレの壁紙クロスに黒カビ!簡単な取り方落とし方に予防方法

 

⇒⇒⇒トイレの床フローリングにカビ!原因や取り方落とし方に掃除方法

 

⇒⇒⇒トイレタンクのカビ取り!発生原因や掃除方法に予防法は?

 

⇒⇒⇒トイレ便器の黒カビ黒ずみ!落とし方取り方や掃除方法に予防対策は?

 


コメントを残す

サブコンテンツ